辻 傑司

自分を成長させることが出来る
可能性を感じた会社だった!

難易度が高く取得者が少ないからこそ挑戦しがいのある

日本アクチュアリー会準会員
1級DCプランナー(企業年金総合プランナー)

辻 傑司

学生時代には文系科目を専攻
難易度が高く挑戦しがいのある資格と思い勉強を開始

- アクチュアリーを目指したきっかけは何ですか

IICパートナーズへの入社前は別業界で働いており、より専門性の高い仕事をしたいと考えていました。そんな中で色々と資格を調べているときに、アクチュアリーという資格があることを知ったのがきっかけです。学生時代には文系科目を専攻し、あまり数学に接することはありませんでした。しかし元々数学が好きだったことと、難易度が高く取得者が少ないこともあり、挑戦しがいのある資格と思い勉強を始めました。

辻 傑司

- IICPを志望した理由をお聞かせ下さい。

採用面接でお話しさせて頂いたときに、魅力的な仕事で業務内容も自分に合っていると感じたことが一番の理由です。IICパートナーズでは計算業務だけでなく営業から報告まで一連の業務を担当でき、お客様と直に接する機会があります。会長と社長との面接では「アクチュアリーに活躍の場を提供していきたい」という言葉に自分を成長させる場としての可能性を感じました。

辻 傑司

「細やかに対応してもらい助かっている」という声
多くのお客様にそのように感じて頂けるよう頑張りたい

- 現在、担当している業務について教えてください

退職給付債務計算業務と新規事業開発を担当しています。
普段は退職給付債務計算業務を担当しています。計算だけでなく、営業や報告、退職給付会計に関わるサポート等の一連の業務が含まれます。企業再編等により新たに退職給付債務の計算が必要となるケースも増えており、計算の導入当初からお客様のお手伝いをさせて頂くことも多いです。それ以外に、社内の新規事業開発に携わる機会も増えており、生みの苦しみと戦っています。

辻 傑司

- これまでの仕事で「もっとも嬉しかった出来事」は何ですか?

お客様から「細やかに対応してもらい助かっている」と感謝の言葉を頂いた事です。
以前弊社サービスの事例紹介として、サービスをご利用頂いているお客様に対して取材を行う機会がありました。その中でご担当者様から「細やかに対応してもらえていて助かっている」などと仕事ぶりを評価して頂けたのが嬉しかったです。お客様のお役に立てていることが実感でき、多くのお客様にそのように感じて頂けるよう今後も頑張っていきたいと思いました。

辻 傑司

中立系のIICパートナーズだからこそできる価値
退職金・年金のマーケットの拡大に貢献したい

- 今後、実現したいこと「夢」、「目標」について教えてください

中立系のIICパートナーズだからこそできる価値を市場に提供し、退職金・年金のマーケットの拡大に貢献していきたいですね。新規事業開発として自社のリソースだけではできないことも、ビジネスパートナーとも協力しながら、大きなビジネスを創り出したいと思っています。その他、英語や会計のスキルも高めて、コンサルタントとして活躍の場も広げていきたいですね。

- 就職活動をしている学生にアドバイスをお願いします

就職はゴールではなくスタートです。希望通りの結果にならないこともありますが、どんな場でも自分にできることを考え、最大限その環境を活かしてください。そこでの経験や努力が必ず、自分のキャリアに活きてくると思います。

Other VOICE in IICP
その他の社員インタビュー