太田 剛

一人ひとりに責任ある仕事を
任せてもらえるのが魅力

企業年金制度の普及・発展に貢献していきたい

日本アクチュアリー会正会員・年金数理人

太田 剛

数学の教師よりもアクチュアリーに興味
コンサルティングアクチュアリーとして、より一層活躍したい

- アクチュアリーを目指したきっかけは何ですか

大学時代に、専攻していた学科のOBの方々による会社説明会があり、そこでアクチュアリーとして働いている方に出会ったのがきっかけです。それまでは数学の教師を目指していたのですが、他に数学を活かせる仕事があるということを知り、色々と調べているうちに興味を抱くようになりました。

太田 剛

- IICPを志望した理由をお聞かせ下さい。

コンサルティングアクチュアリーとして、より一層活躍したいと思ったからです。それまでも退職給付債務計算やコンサルティング業務は行っていたのですが、より多くのお客さまの計算業務に携わりたいと思ったことに加えて、実際に各お客さまの責任者として、計算のスケジュール管理から計算結果の確認(署名業務)まで、一人ひとりに責任ある仕事を任せてもらえるのが魅力でした。

太田 剛

案件によっては数年かかるものも
一連の業務を通じて感謝の言葉をいただけたのが嬉しい

- 現在、担当している業務について教えてください

退職給付債務計算と退職給付制度に関するコンサルティングです。コンサルティングに関しては、お客さまの課題やニーズに応じて様々なものがあり、最近では退職金制度の新設や合併に伴う制度統合のコンサルティングを担当しています。なお、案件によっては数年かかるものもあり、大変ですがその分やりがいは大きい業務です。

太田 剛

- これまでの仕事で「もっとも嬉しかった出来事」は何ですか?

退職金制度の新設を行うコンサルティングにおいて、無事に制度を導入し、お客さまに大変満足いただいたことです。最初の提案(営業)の段階から実際に制度を導入するまで携わっていたのですが、お客さまと接する期間が長かった分、一連の業務を通じて感謝の言葉をいただけたのはうれしかったです。なお、制度の導入後は退職給付債務計算業務を依頼いただいているため、こういった繋がりがあるのもうれしいですね。

太田 剛

業界内での委員会活動等を通じて
企業年金制度の普及・発展に貢献していきたい

- 今後、実現したいこと「夢」、「目標」について教えてください

年金数理人としての専門性をさらに高めるとともに、業界内での委員会活動等を通じて企業年金制度の普及・発展に貢献していきたいと考えています。また、その中で得られた情報・知識等を活かして質の高いサービスを提供し、お客さまの成長発展にも貢献していきたいと考えています。

- 就職活動をしている学生にアドバイスをお願いします

アクチュアリーは様々な分野で活躍していますが、各分野での業務内容や違いはイメージしにくいのではないかと思います(私自身、実は年金分野以外の業務についてはあまり把握していません)。就職活動中は様々な分野での業務内容を知れる貴重な期間ですので、色々な業界・会社の説明会に行って、実際に働いている社員から直接話を聞いてみてください。

Other VOICE in IICP
その他の社員インタビュー