堀口 敬子

自分の能力と意欲次第でどこまでもチャレンジできる環境がある

お客様に直接お会いできることも魅力

アシスタント

堀口 敬子

自分の能力と意欲次第でどこまでもチャレンジできる環境がある
思いもよらないところに素敵な可能性が待っている

- アクチュアリーを目指したきっかけは何ですか

きっかけは前職へ派遣社員として入社した時にたまたま配属されたのが退職給付債務の計算部隊だったことです。
計算というと数字を扱うことが真っ先に浮かびますが各社ごとに違う規程を読み込むことも必要で、もともと法律家になりたくて勉強していた私にとってはこれが取っ掛かりになりました。
読んでいくうちに企業がありたい姿や従業員に求めるものなど企業ごとに違うカラーが見えて面白いですし、こういう形で法律を学んだことが活きてくるのが意外でした。

堀口 敬子

- IICPを志望した理由をお聞かせ下さい。

前職ではアクチュアリー総合職とそれ以外で役割分担がはっきりしていたため、在籍年数が長くなるにつれチャレンジできることが少なくなってきて伸び悩んでいました。
そんな時にIICPと出会い、お客様に直接お会いできること・自分の能力と意欲次第でどこまでもチャレンジできる環境があることに魅力を感じました。
また、フレックス制なので自分で時間をコントロールしやすいのも嬉しいです。

堀口 敬子

文字でしか繋がりのなかったお客様に実際に会うことができる
お客様から直接質問を受け、頼ってくださっていること・お役に立てていることが実感できる

- 現在、担当している業務について教えてください

退職給付債務計算についてお客様とIICPをつなぐ窓口としてご案内や照会対応を行い、データ確認・計算・報告書作成まで案件に一貫して携わっています。
お客様訪問時の日程調整や社内への報告等、コンサルタントの秘書的なこともさせていただいています。
新規にお問い合わせいただいたお客様へIICPのサービス内容をご案内することもあります。

堀口 敬子

- これまでの仕事で「もっとも嬉しかった出来事」は何ですか?

お客様に直接お会いできたことです。
データやメールといった文字でしか繋がりのなかったお客様に実際にお目にかかることで、より案件に対して思い入れを強くして取り組むことができています。
お客様から名指しで質問を受けることもあり、頼ってくださっていること・お役に立てていることが実感できるのでモチベーションが上がっています。

堀口 敬子

お客様と一緒に悩み、頼っていただけるようになりたい
高校時代に数学が苦手だった私がいまこの仕事を楽しめている

- 今後、実現したいこと「夢」、「目標」について教えてください

お客様担当として独り立ちすることが目標です。
今はコンサルタントに同行して勉強させていただいていますが、いずれは一人である程度の問題を解決できるようになりたいです。
アクチュアリーの資格がなくてもお客様のお困りごとを伺い、一緒に悩み、社内の最適な専門家に繋ぐことはできます。
そのために業務周辺知識をもっと深め、お客様に頼っていただけるような担当者になりたいと思っています。

- 就職活動をしている学生にアドバイスをお願いします

高校時代に数学が苦手だった私がいまこの仕事を楽しめていることを不思議に思うことがよくあります。
自分のやりたいことを追求するのは素晴らしいですが、時には流れに身を任せてみるのも良いかもしれません。
思いもよらないところに素敵な可能性が待っているかもしれませんよ。

Other VOICE in IICP
その他の社員インタビュー