後藤 弘之

お客様からの質問等に答え頼れるアクチュアリーへ

日々の仕事を通して退職給付会計の知識を身につけていきたい

アシスタント

後藤 弘之

お客様との接点が多い、
そんな数学に携わる仕事はないか

- アクチュアリーを目指したきっかけは何ですか

大学で数学を専攻していたこともあって、数理的な仕事としてアクチュアリーという存在を知りました。将来的には何か数学に携わる仕事もしてみたいと思っていたので、アクチュアリーを目指しました。

後藤 弘之

- IICPを志望した理由をお聞かせ下さい。

アクチュアリーについて調べていく中で、生保・損保・年金と様々な分野で働けることが出来ることを知りました。その中で年金分野は計算した結果をお客様に報告するなど、お客様との接点が多いことを知りました。IICPは計算業務だけでなく、お客様のところに訪問できる機会が多いというところで興味を持ちました。

後藤 弘之

学んだことがしっかりと再現できる
複雑な退職給付会計について徐々に分かっていける喜び

- 現在、担当している業務について教えてください

退職給付債務の計算業務のアシスタントをしています。
具体的には、毎年の決算時に向けて、会社は退職給付会計を行う必要があります。債務は様々な要素で構成されているのでアクチュアリーが妥当かどうか確認する必要があります。私はその計算をする準備として、お客様から頂いたデータを確認したり、コンサルタントの指示のもと計算業務をしたりしています。

後藤 弘之

- これまでの仕事で「もっとも嬉しかった出来事」は何ですか?

研修で学んだ事を生かして、計算結果の報告書の作成をすることが出来たのが嬉しかったことです。学んだことがしっかりと再現できたことは自信にもなりました。また複雑な退職給付会計について最初は分からないことも徐々に分かっていくことも嬉しい出来事です。

後藤 弘之

日々の仕事を通して退職給付会計の知識を身につけ、
アクチュアリー試験に早く合格することが目標

- 今後、実現したいこと「夢」、「目標」について教えてください

将来的にはお客様の所に訪問して、質問等に答えられるようにすることが目標です。そのために日々の仕事を通して退職給付会計の知識を身につけていきたいと思っています。またアクチュアリー試験も早く合格することも目標の一つです。

- 就職活動をしている学生にアドバイスをお願いします

就職活動をしていると、色々な会社があって迷うことがあると思います。そのために自分がやりたいことを見つけていく事が大切と思います。会社に訪問してみたり、先輩の話をきいてみたりすることで、自分がやりたいと思うことを見つけていくことが良いと思います。

Other VOICE in IICP
その他の社員インタビュー